HOME > 昌和発條について > 会社概要・沿革

当社の会社概要、沿革についてご紹介します

会社概要

商号株式会社昌和発條製作所
創業昭和39 年2 月
創立昭和43 年12 月
代表取締役社長佐川 浩
本社・工場 大阪府松原市天美北5丁目13-8 >MAP
TEL:072-331-3303 / FAX:072-336-1204
三宅工場大阪府松原市三宅西5丁目778-3 >MAP
資本金10,000,000 円
年商6.25 億円(2012 年 8 月期決算)
従業員数40 名(2012 年11 月現在)
事業内容スプリング及びフレキシブルシャフトの設計及び製造
営業品目サンエス標準ばね1822 種・弱電気用・自動車用・建築金物用・事務器具用・自転車用・家庭用品用・電子機器用等、全産業向各種精密スプリング及びフレキシブルシャフトとその応用製品
主要取引銀行三井住友銀行 駒川町支店、大阪厚生信用金庫 針中野支店 りそな銀行 我孫子支店、三菱東京UFJ銀行 堺支店

設備(本社工場)

ページの一番上へ
小型コイリングマシン2台
トーションマシン10台
NCスプリングマシン27台
パワープレス3台
グラインダー5台
連続熱処理炉11台
フォーミングマシン2台
光学顕微鏡1台
精密ばね試験機1台
ねじりばね試験機1台
太物ばね試験機2台
万能投影機6台
旋  盤1台
平面研磨機1台
コンターマシン1台
ボール盤4台
フライス盤1台
溶接機1台

資格・認証

ページの一番上へ

ISO9001(品質マネジメントシステム)とは?

顧客要求事項を満たし、顧客満足を向上するために、品質マネジメントシステムを構築し、実施し、その品質マネジメントシステムの有効性を改善するためのシステム

詳しくはこちら

沿革

ページの一番上へ
昭和39年前社長、佐川隆夫が大阪市東住吉区湯里町4 丁目にてスプリングの製造を開始
昭和40年自動機械、特殊機械等の導入により近代化を進める
昭和41年工場拡張のため、松原市天美北5 丁目に工場を新設し移転する
昭和45年全品検査自動機械等の最新鋭機を、設置し生産の合理化を進める
昭和46年省力化周辺機器開発のための特機部をつくる
昭和47年省力化周辺機器の1 号機を開発。商品名コイルマスターと名付け販売を開始
昭和50年近年増加する受注量と営業規模の拡大に対応して、奈良工場の建設並びに強化改善を図る
昭和52年フレキシブルシャフトの製造を始め、フレックス・シャフトの商品名で販売開始
フレキシブルシャフトの応用製品の開発を始める
昭和54年サンエス標準ばねの製造販売を開始
昭和61年サンエス標準ばねの品種・材質を拡大し販売を強化する
平成元年旧工場横へ3F の新工場を増築
平成2年コンピューター付新鋭設備を増設
平成5年サンエス標準ばね増種 886 種
平成6年サンエス標準フレックスシャフト増種
平成10年ISO9002認証取得(JQA2789)
平成11年本社工場に南工場を増設
平成13年サンエス標準ばねシリーズに、ねじりコイルばね・ばねポストを追加
併せて圧縮コイルばね・引張りコイルばねを増種(合計1822種)
第1回SQCサークル大会開催。以降毎年開催
平成14年社長に佐川浩が就任
ISO9001:2000認証取得
平成17年異形線およびフレキシブルシャフト拡販プロジェクトチームを発足
平成19年東京ビッグサイトでの展示会に初出展
平成20年3D-CADを導入し、解析に着手する
平成21年コイルドウェーブスプリング(CWS)生産開始
平成22年ISO9001:2008認証取得
改善提案制度導入
平成23年三宅工場を新設
ワンタッチカプラー販売開始
平成24年管理職に対する一泊研修(年度計画作成会議)を実施
ページトップへ

Copyright©2013 Showa Spring Co., Ltd. All Rights Reserved.

会社概要個人情報保護方針サイトマップお問い合わせ