代表取締役社長佐川弘からご挨拶をいたします

ご挨拶

愛品敬客

当社は約半世紀に亘りばね専門メーカーとして、「ばね」づくりに一生懸命に取り組んで参りました。ばね業界では、標準ばねブランド「サンエス」の名で知られていますが、規格品のばねを創るという試みを最初に成し遂げた、いわば“規格ばねのパイオニア”です。
また、この「サンエス標準ばね」だけでなく、特注ばね、フレキシブルシャフトにおいて長年継続して多くのお客様から大きな信頼をいただいて参りました。そしてさらに今後も皆様から信頼され続けるために、当社は日々発展・成長するべく、的確な品質を確保し、お客様のご要望に誠実にお応えする前向きな姿勢で、「モノづくり」に取り組んでおります。

私が考える「モノづくり」とは、製造・加工の工程だけではありません。仕入れから品質管理、出荷まで、すべての工程において確かな技術で高品質のばね・フレキシブルシャフトを作ることを心掛け、手間ひまかけて完成させたこれらの製品をお客様にご使用いただき喜んでもらう、それが当社の目指すところです。

私が大切にしている言葉「愛品敬客」。ここに私の理想があります。私達モノづくり集団が厳しい時代を乗り越えていくためには、まず、お客様を今まで以上に大切にしなければなりません。お客様にご満足いただけるサービスを提供し、サービス向上に努めます。次に、自分たちが生み出していくばね製品への熱い思いを社員一人ひとりが持たなければなりません。ばね製品が完成するまでには多くの工程があり、線材を選び、治具を加工し、製造マシンのスイッチを入れるまでに、どれほどの思いを込めているか。自分がばねの製造技術を身に付けるために、どれだけの熱意を持っているか。

また、フレキシブルシャフトにおいては、金具を加工し、コアーやチューブなどの部品一つひとつを丁寧に組み立てて完成させるまでの一連の作業の中で、自分の持つ技術をどこまで使いこなせるか、完成した製品の先にある“お客様の満足”をどれだけ考えられているか。

―私たちが製作し、世界中で使われているこれらの製品を心から大切に思う気持ちを持つこと、そして私たちの成長は、お客様からの要求と信頼から生まれるのですから、それを教えていただいているお客様を敬う気持ちを持つことが大事です。この「愛品敬客」の精神を掲げ、私達は全社一丸となって、世界中から求められる優れたばね創りを追求して参ります。長年ご愛顧いただいている「サンエス標準ばね」をはじめ、使用用途に合わせて多様な線材を巧みに加工する「異形線ばね」、省スペースやコンパクト化が求められる現代の要求に応じる「コイルドウェーブスプリング(CWS)」などの様々なばね製品のほか、当社が長年蓄積して参りましたばね製造技術を最大限まで活かし、お客様にさらなる満足をいただくために、職人たちが改良を重ねて作りあげた「フレキシブルシャフト」もまた、自信を持っておすすめできる製品です。いずれの製品においても、誠実で高品質なモノづくりを保証します。また、技術者が抱える問題を一刻も早く解決できるよう、当社は立ち止まらずに常に前向きに挑戦し続け、皆様の様々なご要望にお応えできるようご提案や試作開発にも取り組んで参ります。

代表取締役社長 佐川浩
ページトップへ

Copyright©2013 Showa Spring Co., Ltd. All Rights Reserved.

会社概要個人情報保護方針サイトマップお問い合わせ