COMPANY 会社案内

昭和39年佐川隆夫が大阪市東住吉区湯里町4丁目にてスプリングの製造を開始
昭和40年自動機械、特殊機械等の導入により近代化を進める
昭和41年工場拡張のため、松原市天美北5丁目に工場を新設し移転する
昭和47年省力化周辺機器の1 号機を開発。商品名コイルマスターと名付け販売を開始
昭和52年フレキシブルシャフトの製造を始め、フレックス・シャフトの商品名で販売開始
フレキシブルシャフトの応用製品の開発を始める
昭和54年サンエス標準ばねの製造販売を開始
昭和61年サンエス標準ばねの品種・材質を拡大し販売を強化する
平成2年コンピューター付設備の増設を進める
平成6年サンエス標準フレックスシャフト増種
平成10年ISO9002認証取得(JQA2789)
平成13年サンエス標準ばねシリーズに、ねじりコイルばね・ばねポストを追加
併せて圧縮コイルばね・引張りコイルばねを増種(合計1822種)
平成14年社長に佐川浩が就任
ISO9001:2000認証取得
平成20年3D-CADを導入し、解析に着手する
平成22年改善提案制度導入
平成23年三宅工場を新設
ワンタッチカプラー販売開始
令和2年三宅工場を増設拡張し、本社含め全面移転