HOME > 採用情報 > 社員からのメッセージ

先輩社員からのメッセージや就活アドバイスをご紹介します

社員からのメッセージ

小園祐司
昌和発條を選んだ理由は「モノづくり」がしたかったから。

私は現在、CWSチームに所属しています。CWSチームは他のばね製造チームとは違い、ばねの製造から包装、梱包、出荷まで、担当者が責任を持って製品をお客様へと送り出します。 今年で入社2年目。まだ先輩方に教えてもらうことばかりですが、難しい案件でも一人でこなせるような能力をつけ、技術を極めていきたいです。
そのための第一歩として、来年、ばね技能士の試験を受ける予定です。
近い将来、先輩方のようにお客様からの要望にしっかりと応えられる精度の高い試作品を作ってみたいと思っています。

昌和発條に就職を決めた理由は、製造関係の仕事に就きたかったからです。 特別にばねが作りたかったわけではなかったのですが、今では入社して良かったと思っています。 礼儀や言葉遣いなど社会人として当たり前のことを教わることができました。また、若手社員にも活躍の場を与えてくれるのも魅力です。 実際にまだ入社してまもない私でも、新規格のばねを製造する機会があり、それを成功させた時に充実感やモノづくりの楽しさを感じることができました。これからも、奥深いばねの魅力と製造技術をもっともっと追究していきたいと思います。 就活中の皆さん、まずは「ものをつくりたい」という前向きな気持ちを持つことが大事だと思います。頑張ってください。

増井達哉
ふだんは隠れて見ることができないけれど、無くてはならない「ばね」の存在。

現在、私は開発グループFSチームに所属しています。旋盤やフライス盤、研磨機などを使ってフレキシブルシャフトの部品を加工するのが主な仕事ですが、ベテランの職人さんの弟子となって匠の技を学び習得するのも私に課せられた任務。
職人さんから学んだ技術を駆使して、ばね製作に使う検査治具や加工ツールを作っています。 見た目を気にせずに、ただ図面の計算通りに仕上げるだけなら、少し頑張れば誰でもできるでしょう。しかしそれでは職人さんからはOKをもらえません。

「商品というのは図面通りに仕上げるだけじゃない、お客様の手元に行くことを思って、きれいに仕上げることが大切だ」と大声で叱られました。
そこで初めて、「商品」であることの価値を考えるようになったのです。まずはお客様に満足してもらえることを第一に考えることだと思いました。
今後は、さらに技術を磨いて加工できる幅を広げ、もっと難しいものにも挑戦したいと思っています。
私が昌和発條を選んだのは、モノづくりをしたかったからです。しかし正直なところ、ばねについては何の知識もありませんでした。入社してから色々なばねのことを知り、自分の身の回りでどんなばねが使われているのかと考えたり、探してみたりと、モノを見る目が変わりました。
ばねはふだんは隠れていて見えませんが、ばねが無いと動かないものが世の中にはたくさんあります。
ばねの存在がどれほど大きなものなのかを知ることができました。
また、昌和発條に入社してから、技術や知識だけでなく社会人としての人間関係や仕事の仕方、人との接し方など、自分にとってプラスになることをたくさん教わりました。
これから就職活動をする中でいろいろ迷うこともあると思いますが、まずは自分のことをよく理解して、自分は何がしたいのか、どんな仕事に向いているのかをよく考えながら頑張ってください!

ページトップへ

Copyright©2013 Showa Spring Co., Ltd. All Rights Reserved.

会社概要個人情報保護方針サイトマップお問い合わせ